【阪神競馬場 蚤の市】に行ってきた!子連れOK!行く価値あり(写真で紹介)

阪神競馬場蚤の市宝塚市の生活感

みなさん、蚤の市って知ってますか?私は恥ずかしながらぜんぜん知りませんでした。古物の露店市のことらしく、日本では近年、かくれたブームらしいです。

ラッキーなことにご近所の阪神競馬場で11月30日(土)、12月1日(日)に開催されていたので行ってきました!

2019年開催(第6回)のラインナップ

私は初参加のため、過去は知りませんが、今年はこんな店舗のラインナップです。↓会場で配布されていたチラシです。ぜんぜん知りませんが、この世界では有名なお店なのでしょう。(素人すぎて申し訳ないです)

関西蚤の市チラシ

会場の様子

古物は一点物ってことで、 11月30日(土)の午前に行ってきました。まだ商品がたくさん残っていました。けど目当てのものを狙ってきている方も多いみたいで、すでに売り切れになっているものもあるみたいでした。

販売されている商品は、アンティークアクセサリー、古道具、古家具、ファブリック、インテリア雑貨など盛りだくさん。約140組の出店者が軒を連ねているそうです。また、 手のひらサイズの豆皿が多種大量に販売されている「豆皿市」 ってのが毎年人気みたいで、人込みができてました。長蛇の列すぎて見るのをやめました。。。

赤ちゃんや幼児を連れてきている方も多かったです。昼前はどの飲食店にも長蛇の列が!私は寒かったので、並ぶのを挫折しました。

会場の雰囲気は写真を見るのが一番だと思うので、どうぞ。

関西蚤の市の様子
関西蚤の市の様子
関西蚤の市の様子
関西蚤の市の様子
関西蚤の市の様子
関西蚤の市の様子
関西蚤の市の様子
関西蚤の市の様子
関西蚤の市の様子
関西蚤の市の様子
関西蚤の市の様子

馬も見ないと

入場料200円を払ったので、しっかりも見ないと。レースをゆっくり見ることができませんでしが、パドックで馬を見てきました。かっこいい。

クリスマスツリーも

クリスマスシーズンということで、入場門前には大きなクリスマスツリーがありました。めっちゃ大きかったです。

阪神競馬場クリスマスツリー

賑やかで雰囲気はすごく楽しいです。歩いているだけでもOK!

子連れも多いので、ベビーカーでも心配なし。ただ商品と商品の間は狭いので注意してくださいね。

人気商品はすぐになくなるみたいなので、初日の午前がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました