2020年タカラジェンヌは何月生まれが多いのか?有利不利や傾向があるか調査【宝塚歌劇を分析】

宝塚歌劇 メイン画像宝塚歌劇分析

宝塚歌劇と野球が好きな私。プロ野球の選手名鑑を見るように、「宝塚おとめ」をよく見ています。「タカラジェンヌはプロ野球みたいに誕生月で傾向があるのか?」という疑問がわいたので調べてみました。

プロ野球の傾向を簡単にまとめ

学術的な研究もあるようで、確実に以下のような傾向がでています。

・4月生まれが一番多い。
・3月生まれが一番少ない。
・4月から月ごとに減っていく。

ということで、完全にこんな感じですね。
4月>5月>6月>7月>8月>9月>10月>11月>12月>1月>2月>3月

もちろん早生まれでプロとして活躍している選手(高校野球の甲子園も)は、たくさんいるので最終的には個人の努力です。その逆で4~6月生まれでも開花していない人もたくさんいるはず。

けっこう有名なので、詳しい理由に興味がある方はネット検索してみてください。

タカラジェンヌの傾向

宝塚歌劇団に入るには、ご存知!超高倍率の宝塚音楽学校に入学することが必須です。歌唱と舞踏の能力が問われます。
中学卒から高校卒までの期間での勝負となるのでスポーツと同様、ある程度、生まれた早さで影響はあるのではないか?と思いました(なんの根拠もない個人的な想像)。

2020年の全生徒を調べてみました。プロ野球と一緒にするため、年度で考えてみます。

4月 24人
5月 40人

「おお!すでにこの時点で4月より5月の方が多いw」

6月 38人
7月 35人
8月 27人

「わお!減ってるやん!!!」

と頭の中で様々なことを考えていましたw

どんどん行きましょう。


9月 44人
10月 45人
11月 37人
12月 33人
1月 31人
2月 35人
3月 25人

もうお分かりでしょう!

タカラジェンヌ(宝塚音楽学校入学)に、

生まれた月は関係ありません!

「早生まれのでタカラジェンヌを目指すみなさん!堂々と夢に向かって歩んでください」

タカラジェンヌを目指す早生まれの方々の漠然とした不安を払拭できた気がしましたw

ちなみに図で表すとこんな感じです↓

2020年宝塚歌劇 生年月(全体)

2月生まれが頑張っていますね!
というより、まさかの4月生まれが一番少なかったーーー。

もう一度見やすくまとめておきます。

<2020年>
4月 24人
5月 40人
6月 38人
7月 35人
8月 27人
9月 44人
10月 45人
11月 37人
12月 33人
1月 31人
2月 35人
3月 25人

ついでに男役と娘役に分けてみた

男役でわけるとこんな感じです。

<2020年>
4月 17人
5月 21人
6月 23人
7月 20人
8月 19人
9月 19人
10月 28人
11月 25人
12月 22人
1月 14人
2月 22人
3月 8人

202020年宝塚歌劇男役生年月

つづいて、娘役でわけるとこんな感じです。
<2020年>
4月 7人
5月 19人
6月 15人
7月 15人
8月 8人
9月 25人
10月 17人
11月 12人
12月 11人
1月 17人
2月 13人
3月 17人

2020年宝塚歌劇娘役生年月

こうやって見ると、娘役は早生まれが大奮闘

勝手に理由を推測

当たり前レベルですが、こんな理由でしょうか。

・宝塚音楽学校に必要な能力は、部活動(チームスポーツ)ではなく習い事で伸ばしていくので、個人でどんどん伸ばしていける(出場機会などの差がない)。
・女性なので、男性のプロ競技よりは体格や体力の差を求められない。

とりあえず、個人の努力と意欲が一番大切ですね。
※このページの内容はあくまで勝手にやっている個人的な見解です。

9月10月は多いのに、8月が少ないのは何かあるんでしょうかね。わかりませんが。

タイトルとURLをコピーしました