【宝塚ホテル】愛希れいかのエリザベート衣装(2018年)が展示中!映像じゃわからない繊細さに感激

月組公演エリザベート 愛希れいか衣装大劇場周辺の歌劇感

宝塚ホテルの2階にある宝塚歌劇コーナー。そこでは実際に使用された衣装が展示されています。2020年の秋は、「エリザベート-愛と死の輪舞-」(2018年宝塚大劇場)で愛希れいかさんが着用した衣装が展示されています。
ようやく見に行くことができたので簡単にご紹介します。

ちなみに前回はこちらが展示されていました。

白い衣装ならではの繊細さ

全体的な雰囲気は冒頭で掲載した写真の通りです。宝塚らしいキラキラ反射感がすごくありました。2018年といえば、私は子どもが産まれたてだったので、今以上に趣味どころではなかったのですが、エリザベートは映像で1回だけ見ました。「やっぱ衣装がめちゃくちゃきれいだなー」って思った記憶があります。

実際に本物を見て、「さすが本物はすごいなー」と思いましたが、、、

その中でも、特に私の目に焼き付いたのがこちら↓

月組公演エリザベート 愛希れいか衣装

ウエスト部分から裾にかけての部分です。

まるで新雪を見ているような、すごく繊細な作りでした。

「妻にも着て欲しいな」とおこがましい妄想もw

私の衣装への知識やボキャブラリーではうまく表現できませんが、

とにかく、

「宝塚歌劇の衣装のレベルはすごい」

ということですねー(周知の事実ですが)。

旧宝塚ホテルでも衣装展示があったので、それが新宝塚ホテルにも継がれていてうれしいです。

今後も定期的に変更されるので楽しみです!

ブログランキングに参加しました!10秒くらい時間があればぜひ「クリックorタップ」してみてください★

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました