「縣千って舞台度胸ありそうだなー」とスター性を感じた

『ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンス アポン ア タイム イン アメリカ)』で使用した衣装宝塚歌劇作品&スター

『f f f -フォルティッシッシモ-』~歓喜に歌え!~&『シルクロード~盗賊と宝石~』が始まり、私の中は雪組一色となっています。
どういうことかというと、以前にも増して、望海風斗さん&真彩希帆さんのトップ時代の作品のブルーレイを見まくっているということです(だいきほコンビの雪組のメンバーがめちゃくちゃ好きですので)。

その流れで「久々にあれも見てみるか―」と、バウや別箱の他の作品もちょこちょこ見ています。
前々から縣千さんを見ていて、「舞台度胸があるなー」と強烈に感じていました。ここ最近の作品鑑賞で「改めて」あがちんの舞台度胸っぷりを感じました。

スター感のあるビジュアル

172cmかつ、がっしりしているように見える恵まれた体格。また顔がしゅっとしており、目や鼻などパーツもしっかりしているので、常に目が合っているかのように感じます(画面越しでもw)。個人的には、雪組で一番スーツが似合うのではないかと思っています。
一方、舞台以外の場面からは、笑顔や優しそうな雰囲気が伝わってきて癒されています。

パフォーマンス

あがちんは、雪組が育てたい若手という感じで推されていたので、その活躍を目にする機会が多かったです。当初から「表情や振る舞いがすごく素敵な人だなー」とオーラ的なものを感じていました。

私のその感想が公演を重ねるたびにどんどん腑に落ちていき、「本当にまだ101期か?」と思うくらい安定感を感じるようになっていました。

新人公演初出演「凱旋門」は素晴らしく、評価も上々だったと記憶しています。

他にも個人的に、なかなか強烈なインパクトを受けたのが、ロケットのセンターです。言葉ではなかなか表現できませんが、迫力と美しさというやや相反するものを直感的に感じ、「ハンパないな」と感心していました。

凪七瑠海コンサート『パッション・ダムール -愛の夢-』は生で拝見しました。ダンスのキレや表現力がすごく印象に残っています。生で見ると映像よりもはるかに、体格の格好の良さを感じました。

宝塚歌劇 パッション・ダムール

個人的には歌も上手だなと思いますが、「トップ級になるためにはまだまだ」という厳しい評価もあるようなので応援したいですね。

舞台度胸

本題のあがちんの舞台度胸です。

完全に主観ですが、舞台での表情を見ていると、自信がみなぎっているように感じます。

たまに、立ち振る舞いから「緊張してそうで、こっちも緊張してしまう」と感じてしまったり、表情にバリエーションが少なく硬い印象を受け「何か自信なさそう、頑張れ」と感じてしまう生徒がいますよねー。

しかし、私の中であがちんは、とにかく堂々としており、「失敗なんて恐れないぜ」とでも言っているかのような肝が据わっている雰囲気を感じています。表情も爽やかです。

「本番に強い」という感じがぷんぷんしており、客に無意識の安心感を与えてくれている気がしています。

私が好きなプロ野球や高校野球でいうと、「あいつなら何かやってくれそうだ」という期待をしてしまう選手です。

これこそ、凡人ではなかなか身につけられないスター性やカリスマ性かなと思っています。

とはいっても、あがちんは、何事にも強く興味を示し没頭するタイプらしいので、努力はすごくしているはず。それがさらに、私が感じる舞台度胸につながっているのでしょう。自己分析で「没頭する」としている人は伸びますねw

今後も注目したいスターの一人です。

新雪組でのポジションが楽しみですね!

ブログランキングに参加しました!5秒くらい時間があればぜひ「クリックorタップ」してみてください★

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました