別格「礼真琴」の星組『Ray-星の光線-』は何度見ても飽きないねー!

星組ロミオとジュリエット宝塚大劇場宝塚歌劇作品&スター

星組公演『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』と『Ray -星の光線-』がBSでやっていましたねー。ブルーレイを即買いし、一時ヘビロテしていたので今更感はありましたが、字幕があるので、BSで見るのはちょっと違った気分になります。

「あー、こんな歌詞だったんだ」というのが毎回の私のパターンですw

さてさて、Rayを見て毎度、感じるのが、礼真琴さんの別格っぷりです(多少贔屓目で見てしまう部分はご容赦ください)。

過去現在のスターにも別格な方々は多々いることは前提として、そして、こっちゃんは歌うま、ダンスうま、演技うまという主要能力に秀でているということも前提として、Rayを見ていると下記についてより印象的に映っています。

①体力
「体力」という言葉だけ聞くと、めっちゃ基本中の基本であり、ぱっとしませんが、これはかなり重要ですよねー。こっちゃんは宝塚歌劇の歴代でも相当上位に位置する体力(肺活量、体幹なども含む)の持ち主だと思います。
というのも、Rayは終始激しいダンスで構成されていますので。激しいダンス構成は、私が何度見ても飽きない理由の一つです。初めて見た時は、そのうちバク転でも始まるんじゃないかと思いました。

あの激しさを1日2回やって千秋楽まで続けるというのは、想像するだけで、リスペクトです(体育会系の私でも自信なしw)。

いったい1日何カロリー消費してるんだって感じですねw

「この体力と運動神経は父親譲り(元サッカー日本代表の浅野哲也氏)」とか言われそうですが、個人的には2世の能力は本人の努力だと思う派なので、こっちゃんの努力の賜物でしょう!

②激しいダンス中でも歌える
これこそ、超一流の証でしょう!
あの激しいダンスをこなしているのに、歌がうますぎるのです。息切れなしで音外しもなし。いったいどんなトレーニングを積んでいるんだと思うくらいです。
歌がうまい生徒はたくさんいますが、LDHのグループ並みに激しく踊りながら、声量をキープして歌いこなせるのは数少ないでしょう。
肩で呼吸していることもないので、腹式呼吸のレベルもさぞ高いと推測できます。

Rayではもちろん星組生全員が激しく踊って、歌っていますが、どうしてもこっちゃんの別次元っぷりに目がいってしまいますねー。

一人ですべて背負ってるように見えることもあるので、たまにこっちゃんの心が疲れていないか心配してしまいますw
(実際はそんなことはないでしょうし、チームワークもいいしということで、大きなお世話ですm(_ _)m)

ということで、まとまりのない贔屓目満載の執筆になりましたが、Rayを久々に見て興奮できました。とにかく楽しいです!

現在、ロミジュリが生観劇できない状況(仕事調整×&チケットはずれ)なので、ブルーレイや録画で星組を楽しむことにします。

舞台以外の普段のかわいい表情と渋めの声がまた独特の個性で魅力的ですねー。

ブログランキングに参加しました!5秒くらい時間があればぜひ「にほんブログ村」という部分をクリックorタップしてください★
励みになります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました