雪組「fff」東京初日のだいもん挨拶が心に刺さった

雪組fff フォルテッシモ チラシ宝塚歌劇作品&スター

関西在住の私。東京宝塚大劇場は近いようですが、こんな時なのでかなり遠い存在です。
(仕事もなかなか調整が難しいしなー、、、という事情も含め。てかそもそもチケット難やー)

3月1日の「今日のタカラヅカニュース」を見ていると、「雪組 東京宝塚劇場 初日 『f f f -フォルティッシッシモ-』~歓喜に歌え!~『シルクロード~盗賊と宝石~』」を取り上げていました。

ぜんぜん番組表をチェックしていなかった・・・というヅカファン失格の自分を戒めながら、「東京公演の様子を見たかったのでラッキー」と切り替えて、

いざ拝見!

映像で見るとやはり最高です!

東京ならではのアドリブもばっちりあり、本当に感謝です。

望海「今日スリ初日なんです」
彩凪「関西は常習犯だったと聞くぞ」
望海「バレた」
という掛け合いであったり、

望海「東京ー!待たせたなー!」
という客席へなげる声であったりと、この「生」感がやっぱり舞台の醍醐味ですよね!
客を楽しませようとしてくれていることがプンプン伝わってくるので、本当に一流だなと感じました!

そして、その場にいないのに、タカニュを見ながら、「あぁ、舞台っていいなー」と再認識しました(*^^*)
のぞ様と雪組生に感謝です。

雪組イメージ

そしてそして、一番良いのが挨拶でした。

のぞ様が素敵な表情と優しい声でこんなことを話していました。

「どうか皆様、この劇場にいらっしゃる時間、客席に座っていらっしゃる時間は、どうか心のマスクを外していただき、fff・シルクロードの世界に飛び込んでいただきたいです」

心のマスクを外す

この言葉が私の心に刺さりました。何かよくわかりませんが、肩の荷が下りた気がしました(こんな私も、日常で無意識にプレッシャーを感じているのでしょう)。不安が吹っ飛びました。

そして、
「ここにいらっしゃるからこそ体感できることに没頭していただけるように・・・」というお言葉。

没頭

という言葉もえらく私の心に刺さってきました。
10代の時はがむしゃらに白球を追いかけていましたが、「そういえば没頭することって社会人になってあまりないよなー」と思うことがたまにあり、仕事や家庭以外で「没頭できるものを探さなくては!」とか「没頭できるように心を切り替えなければ!」とやや焦りぎみで思っていたので。
のぞ様の挨拶を聞いて、まずはありがたく宝塚に没頭させていただこうと思いました。

今回の挨拶をはじめ、毎回、トップスターの挨拶は、すごく素敵ですよねー。ですが、特にコロナの影響を受けて以降のお言葉はすごく素敵だなーと感じることが多いです。

千秋楽を無事終えれますように。最後の挨拶も楽しみにしましょう!

ブログランキングに参加しました!5秒くらい時間があればぜひ「にほんブログ村」という部分をクリックorタップしてください★
励みになります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました