絶対私のツボ!月組お披露目のショー『FULL SWING!』

月組イメージ宝塚歌劇作品&スター

4月30日に2022年宝塚歌劇公演ラインアップ(宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演)の第一弾の上演作品が発表され、新生月組の大劇場お披露目公演『今夜、ロマンス劇場で』『FULL SWING!』が決まりました。
新体制の情報にはわくわくします。

先日は、ミュージカル・キネマ『今夜、ロマンス劇場で』で楽しみにしている想像を綴りましたので、今回はショー『FULL SWING!』について想像しました。
あくまで個人的な考えです。

久々の三木作品

久々の三木章雄先生の大劇場作品です。
2015年の雪組『ファンシー・ガイ!』以来っぽいです。
別箱やディナーショー、OG作品を手掛けておられたようなので、個人的には久しぶりに感じました。
お披露目公演をどう仕上げるのか、期待大です!

せっかくのショーなので、ついつい鼻歌を歌ってしまうようなメロディーがいいですねー。

また個々人がソロパートでキラキラ輝く感じ(アイドル風なくらいでも良いくらい)になって欲しいです。

月城かなと

月城かなとさんと言えば、私はいつも演技に魅了されており、抜きん出た演技力の持ち主というイメージでいます。
歌とダンスでは厳しい意見を聞くことがありましたが、個人的には観ていて素敵だなーと感じますし、上手だと考えています(ヅカファンは目が肥えすぎて、厳しいですからねw)。
何より抜群のスタイルを生かした細かい仕草に惹かれます。
これまで同様、れいこさんらしいパフォーマンスと合わせて、また新たな一面が観られればなーと想像しています。

宝塚大劇場と阪急電車

海乃美月

れいこさん同様、スタイル抜群でどんな衣装もよく似合いますよねー。
ダンスが上手なので、どんどん踊って欲しいです(もちろん歌も)。
デュエットがどんな仕上がりになるか、本当に楽しみです。

『今夜、ロマンス劇場で』で出番が多いと思うので、たくさんの出番があることを期待しています。

鳳月杏&暁千星

安定感のある二人。
新生月組でも持ち前のパフォーマンスで会場を魅了してくれるでしょう。
月組の中でもかなりダンスが上手な二人なので、ジャズのメロディーに合わせて、踊りまくって欲しいと期待しています。
また、雪組(望海風斗さんと彩風咲奈さん)、花組(柚香光さんと水美舞斗さん)というように、トップと誰かのダンス対決的な構成もあるので、どちらかとれいこさんのダンス対決も観てみたいですねー(完全に個人的希望)。

わかるようでわからない部分がたまらん

ジャズをメインとしたショーとなる『FULL SWING!』。
これまでの宝塚歌劇のショーを観てきて、ジャズの曲を使ったシーンは、だいたい私のストライクゾーンです!
『FULL SWING!』も楽しみで、私のツボな気がしています。

そんな『FULL SWING!』ですが、宝塚歌劇HPの説明を読んでいると、わかるようでわからない部分があります。

それが、表現が多様すぎることw

・ゴージャス
・スタイリッシュ
・ソウルフル
・バラエティに富んだ
・魅惑
・ファンキー
・スウィンギー

全体イメージが想像できないw

まぁ、個人的にはこういう表現の多様は好きな方ですので、わくわく感は増していますw
(人がいればいるほどとらえ方が変わるのも作品の魅力だと思っています)
とりあえず、シリアスな表現がないので、明るく、楽しく、愉快で、情熱的な全体構成なのでしょう。

宝塚大劇場 桜

階段降り

2020年の『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』〜シェイクスピア原作「十二夜」より〜では、以下の順番だったと思います。

白雪さち花さん

夢奈瑠音さん・紫門ゆりやさん・蓮つかささん

海乃美月さん・風間柚乃さん・天紫珠李さん

暁千星さん

鳳月杏さん

月城かなとさん

美園さくらさん

珠城りょうさん

次の『桜嵐記(おうらんき)』『Dream Chaser』ではどうなるのでしょうか。そして、新生月組はどうなるのでしょうか。
もちろん組替えもあり得るので、何とも言えませんが、楽しみの一つであることは間違いないです。
まずはキャスト一覧が出てからですねー。

2本立てが続くので、ショー好きの私にはありがたいです。

ブログランキングに参加しました!5秒くらい時間があればぜひ「にほんブログ村」という部分をクリックorタップしてください★励みになります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました