望海風斗が苦渋の決断!聖火リレー辞退

宝塚歌劇の殿堂 特別企画展「Memories of 望海風斗」ひとり言

2021年5月19日、東京オリンピックの聖火ランナーで神奈川県を走る予定だった望海風斗さん(元宝塚歌劇団雪組トップスター)が辞退したというニュースが出ました。

「えーーーーーーーーーーー。。。」

東京オリンピック・パラリンピックの開催の是非は思うところがありますが、今のまま開催ということであれば、だいもんの聖火リレーの様子を映像で見るのは楽しみの一つでありました。

楽しみな気持ちを過去に綴っております。

なので、かなり残念です。。。

ニュース記事によると、
だいもんは収束が見通せない新型コロナウイルスを念頭に、以下を理由に辞退したそうです。

・状況が一向に落ち着かない
・医療従事者の環境がひっぱく
・不安な心情のまま務めて良いか悩み続けた

現役タカラジェンヌの時から常に「ファン第一」で、組生はじめ周囲への思いやりに溢れていただいもん。
「大役を全うすること(運営関係者への配慮も)」と「社会への配慮(特に最前線でコロナと戦っている人)」の間ですごく悩み、苦渋の決断をされたのでしょう。
正解はありませんからね。

宝塚歌劇の殿堂 特別企画展「Memories of 望海風斗」

ウェア姿のだいもんを見られないのは残念すぎますが、
辞退という決断には、思いやりのある「だいもんらしさ」が伝わってきて素敵だなと思いました。

ご本人の決断を尊重させていただきます。

ブログランキングに参加しました!5秒くらい時間があればぜひ「にほんブログ村」という部分をクリックorタップしてください★励みになります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました