叶ゆうりはいぶし銀の舞台人

CITY HUNTER 叶ゆうり宝塚歌劇作品&スター

雪組トップスター・彩風咲奈さん&トップ娘役・朝月希和さんの大劇場お披露目となる『CITY HUNTER』-盗まれたXYZ-Fire Fever!を観劇してきました。

前々から雪組公演を観るたびに、叶ゆうりさんというスターの魅力を感じていましたが、今回も強烈に私の記憶に残りました。
叶さんはまさに「いぶし銀」というのがぴったりだと感じています。

そもそもの魅力

まずはついつい視界に入ってしまう存在感。特に映像を通じて観劇している際に、すごく目につきます。
大きな目と唯一無二の輪郭を存分に使った豊かな表情も存在感を引き立てているように見えます。
ミュージックレボリューションの時が私の中で一番ですね。

舞台稽古でたまに映る時も表情豊かすぎて「素晴らしい方だな」と刺激を受けます。特に2019のタカラヅカスペシャルはいいですよ。

何よりも「歌」です。ショーではソロで歌うことも多く、男役の力強さと繊細さを感じています。

ということで、雪組公演の際はいつもその姿を追いかけています。

CITY HUNTER&Fire Feverでは

冒頭でなんと、女装姿でした。すぐ終わるのですが、やっぱり存在感がありました。スタイルがいいので、何でもよく似合いますね。これは齋藤先生のナイス配役だと感じました。

宝塚大劇場CITY HUNTER

で、メインは暴力団(劔会)の幹部である三井。これが一番よかったですねー。
幹部とはいえボスではないので、ストーリー的にはどっちかというと下っ端の暴力団員って感じです。
ちょっと猫背気味の姿勢を保ち、背が高いのみ上目遣いでメンチを切り、タバコを吸う時は細かい手と上半身の動きがあり、わりとがに股でありといい感じでした。

冴羽獠(彩風咲奈さん)、小林豊(彩海せらさん)など、暴力団以外のキャラとのからみの際は、持ち前の豊かな表情をフルに演じていました。決して視界の中心に入る役ではありませんが、悪役の一員も上手だなーと終始感じていました。表情や身振り手振りだけでこんなに存在感がある人もなかなかいないのではないでしょうかね。

今回のショーはダンス中心でしたので、あまり目立つことがなかったのが残念です。一ファンとしては長めのソロが欲しかったとついつい欲が出てしまいましたw

97期の叶さん。ここからさらに味が出てきそうな気がして楽しみです。

ブログランキングに参加しました!5秒くらい時間があればぜひ「にほんブログ村」という部分をクリックorタップしてください★励みになります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました